義烏:クリスマス商品のブランド意識向上

関連統計によると、義烏から輸出されたクリスマス商品は、中国輸出全体の75%、ヨーロッパ輸入額の50%、アメリカ輸入額の70%を占めている。しかし、今年ではクリスマス商品の利益率が10%以内にまで低下したことで、地場企業のブランド意識向上を促した。
現在のところ、従業員100人以上のクリスマス商品メーカーが義烏には10社も満たない。それに、原材料価格の値上がりは人件費の高騰に拍車をかけ、生産利益が大幅に下落し、中小企業の倒産が相次いでいる。パッケージ変更や技術面のグレートアップを通して、商品の付加価値を高め、ハイエンドブランドの打ち出しは今後の傾向と見られる。

カテゴリー: 義烏市場, 義烏情報   パーマリンク

コメントは受け付けていません。